''魚大本店'' - 東急東横線の白楽駅近く、六角橋商店街の魚屋が ”世界を変える”...って

青魚がイイですね。

カテゴリ:旬

青魚がイイですね。

暑い日が続きますが、お変わりありませんか?
食欲不振で体調など崩されないように
ご自愛ください。



意外に思われるかも知れませんが、人と同じように
多くの魚も夏には食欲がなくなるようです。


皆さんよくご存知、刺身で大人気な「間八(カンパチ)」などは
一般に流通しているものは、ほぼ養殖ですから
一年を通じて味に変化など、なさそうですが
そうでもないのです。

夏と冬では外見からして違いますし、捌くために包丁をいれると
手応えが違います。

手応えというのは包丁の入り方、進み方が違うということなんですね。
タップリと脂を蓄えた寒い時期は、脂で包丁が中々進まないんです。

皮を引いた卸し身で刺身をつくるときにも
絶えず包丁を拭かなければならないほど
包丁に脂がまとわりつきます。

それが今の時期のカンパチといえば
それほど脂を気にすることなく包丁を使えます。

カンパチを例えにしましたが、多くの魚は同じように
脂がうすくなってサッパリした味になります。


ところが青魚の多くは美味しくなります。
例えば、ゴマサバ
ゴマサバ。夏の石巻産
コロッと良く肥えてます。
ゴマサバ。夏の石巻産、三枚卸し

とか、マイワシ
マイワシ。夏の銚子産
プックリと良く肥えてますし
頭を持っても、グッタリしません。

マイワシ。夏の銚子産、手開き。

このような感じで、脂もノって美味しくなります。
でも、それだけではないんですね
もともと含まれている青魚の健康成分といわれるものの
割合が高くなっているのだそうです。

俗に、青魚の健康成分といわれているものは

青魚の脂と関係が深いようです。

この時期、わりと安く手に入り
美味しくてカラダにもいいとなれば
いま食べておいたほうがオトクですね。

コメント



認証コード1860

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional