''魚大本店'' - 東急東横線の白楽駅近く、六角橋商店街の魚屋が ”世界を変える”...って

塩麹、ブームから定番へ定着して欲しいと願います

塩麹、ブームから定番へ定着して欲しいと願います

68年前の8月9日も今日と同じような暑い日だったのでしょうか
長崎平和祈念像


日本は2度目の核攻撃に遭いました。

広島に投下された原爆とはタイプの違う原爆が長崎に投下されました。

当時、死に体であった日本に対し広島でさえ不要であったのに
続けて長崎に対し原爆が投下され、またしても本当に数多く
7万人以上の無辜の民が命を奪われました。
ジョー・オダネル。焼き場に立つ少年
たくさんの同胞が無念のうちに命を落とされたことを思うと
悲しくて、悲しくて心が痛みます。

心より哀悼の誠を捧げたいと思います。



戦うチカラも意思も残っていなかった日本になぜ、原子爆弾による攻撃が2度も必要だったのでしょう。

戦争を終わらせる為に止むを得なかったという説明がされていますが
本当は別の、明確な意図があった事が後に明らかになっています。

意外に思われるかも知れませんが、交戦中の当事国どうしでも
公式・非公式を問わず交渉の機会は持たれます。

戦争とは、形を変えた外交の手段ですから当然なのですが
開戦当初から、日本は戦争を終える為の努力をしています。
が、ことごとく退けられています。

公開されたアメリカ公文書から、そのことが明らかになっています。


今を生きる私たちが、今の考え方や視点から
命ある限り精一杯生きた、当時の日本の指導者を含めた人々の生き様を語る事が
如何に無知で愚かな事か、知ることが出来ます。

戦争には絶対反対です。

しかし、勝てる見込みの無い戦いに挑まなければならなかった
当時の人々の想いにはどんな願いが込められていたのか
どんな決意で臨んだのか
考えると胸が締め付けられるようです。

私は今ここに生きている事を、ただただ感謝するばかりです。


一瞬の閃光のあと、地獄絵図が繰り広げられ絶望に支配された長崎
その絶望の中に、一筋の光の種子が芽吹くことになります。

68年前、自らも被爆しながら秋月辰一郎医師は、懸命の治療を施し続けます。
何もかも破壊された長崎には、満足な治療器具も薬もありません。

秋月医師は29才だった当時を振り返り
「逃げ出したかった」
と後に述懐しています。

食に対しての見識の高さ、レントゲン技師として
自らの「レントゲン酔い」を軽減させてきた体験から
乏しい物資の中で、被爆した患者の治療を行いました。

秋月医師の治療を受けた被爆者たちは、他の被爆者たちに比べ
原爆症が軽減されています。


幼少の頃からカラダが弱く、自身の病気を克服したい為に
医師を志した秋月医師は以前より人一倍、食に関して意識が高く
自らに対し、様々な食事を試します。

そうした試行錯誤の末に一つの結論に達します。

簡単にまとめると、日本に昔からある食習慣がカラダを強くするという事です。

玄米・天然塩・味噌などの発酵食品・ワカメなどの海藻類を摂取することで
原爆症を軽減させる事を証明しました。

秋月辰一郎医師がカラダと食べ物の関係をまとめた本があります。


楽天ブックスでの詳細は以下から確認できます。

【送料無料】体質と食物 [ 秋月辰一郎 ]



アマゾンでの詳細は以下からになります。

このレポートはチェルノブイリ事故の後、放射能被害に苦しむヨーロッパ各国を中心に
英訳され紹介されています。

おかげで日本の味噌が瞬く間にヨーロッパで広がりました。

ただ一点注意が必要なのは、現在販売されている発酵食品の多くは
消費期限を伸ばすためと、変質を防ぐために
発酵を止めて出荷されているものが殆どです。

健康維持・向上に効果が認められている、乳酸菌などの活動を止められています。
ですから本来乳酸菌がもっている免疫力向上効果は望めません。



そんな状況下で、現在の塩麹ブームに特別な想いがあります。

塩麹に関しては現時点で流通している物の多くが生きている乳酸菌のようです。
生きている乳酸菌が腸内に届き、人が本来持っている免疫力を高めてくれます。
生きて活発に活動する乳酸菌を腸内に取り込んでこそ、意味があります。

塩麹がブームになった経緯は分かりませんが
今、私たちの生活に根付こうとしています。


現在、私たちは3度目の核の脅威に晒されています。

日本に古来からある発酵食品。
私たちの先人たちが工夫し改良を重ねてきた発酵食品をいただく時
素晴らしい物を残してくれた事に感謝したいです。

私には時を超えた贈り物に思えてなりません。

コメント



認証コード7624

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional